東京に通勤しやすい場所

説明

千葉県は、日本の首都である東京都に隣接する地域です。そのため、交通インフラがしっかりと整備されており、住みやすい街と言えるでしょう。人気が高すぎて不動産情報が探しにくい場合には、不動産情報サイトを活用しましょう。

詳細を確認する...

リフォームをして住む

不動産

大阪の寝屋川市の中古物件は、三層の家が多いです。土地自体は狭くても、3階建てにすることによってスペースを有効活用しています。また、リフォームをしようと考えたときは事前にどのようなリフォームが可能なのかを聞くべきです。

詳細を確認する...

訪日観光客の増加

不動産

伊豆は観光産業も発展が著しい場所ですが、別荘地としても以前から名高い場所です。もし別荘を購入したいのであれば、予算などもしっかりと決めて不動産会社の情報を見ながら探してみましょう。

詳細を確認する...

三大都市圏の位置づけ

首都圏の優位性

不動産

バブル崩壊後、日本の不動産価格は一部の地域の一部の期間を除いて下落を続けてきました。一時期は日本の不動産価格の総額はアメリカを上回ったと言われたことが遠い過去のものになっています。現在も全国的には下落が続いておりますが、三大都市圏を中心に都市部の不動産は反転傾向を示しています。首都圏では東京と横浜はブランド力があるため人気の高い地域となっています。羽田空港が国際線の離着枠の拡大によって利便性が増しているために横浜の位置づけが好転しています。鉄道網の整備も進んでおり、相互乗り入れを行った結果、千葉、埼玉、神奈川が利用する鉄道によっては乗り換えをしないでも行き来できるようになっています。

今後の見通し

横浜にはマンションやアパート、一戸建てなど様々な不動産が存在しています。また土地も多く、土地を購入して注文住宅を建てる人も数多くいます。家族構成含め現在の状況に応じて住む家を選択しましょう。もし横浜に長く住みたいのであれば、マンションや一戸建ての購入も視野に入れておくといいです。新築や中古など様々な建物があるので、予算に応じて探していきましょう。いまはショールームのような展示会も横浜では頻繁に行われているので、そこに足を運ぶのもいいでしょう。仮に賃貸住宅に住むにしても、周辺環境や部屋の雰囲気などを確認すべく足を運ぶべきです。また不動産情報が知りたい場合、不動産会社のホームページをチェックしたり、直接横浜の住みたい地域の不動産会社に行くようにしましょう。